オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いとは
オフィスホワイトニングは歯科医院内で歯を漂白する方法です。高濃度の薬剤を使用するので、ホワイトニング効果がすぐに現れます。しかし、後戻り(漂白前の歯の白さに戻る)が早いという欠点があります。ホームホワイトニングはマウストレーにホワイトニングジェルを入れて、ご自身でご自宅にて行う漂白方法です。手軽に行えますが、自己管理と効果を得るまでに2週間程度の時間が必要となります。



 ホワイトニング効果はどのくらい持続しますか
一般的に言えば、半年〜1年ほど効果が持続します。漂白効果は、飲食や喫煙などの要素によって個人差が生じます。ホワイトニング効果を維持するには、定期的なホワイトニングの追加が必要です。



 詰め物や被せ物もホワイトニングで白くなりますか?
詰め物や被せ物、差し歯などの修復物については、ホワイトニング効果はありません。ホワイトニング効果があるのは天然の歯のみとなります。差し歯などの修復物の色が気になる場合は、クリーニングや素材の変更などの対処法が効果的です。



 セラミックとはどんな素材ですか?
セラミックは、生体への親和性が非常に高い素材であるために多くの審美歯科領域で採用されています。しかも、天然歯と同じくらいの硬さ、強さをもっており、質感や透明感も天然の歯とよく似ています。



 差し歯と歯肉の境目が黒くなっているのですが治りますか?
歯肉の退縮が進行した結果、差し歯の土台のなっている金属部が歯肉の薄い部分から透けて歯肉が黒ずんでしまうことにより起こります。これを改善する為には、金属を使用しないオールセラミックの差し歯に交換する方法があります。オールセラミックは、歯肉の黒ずみの発生を防ぐだけではなく、天然歯と遜色ない色調や自然感を再現することが可能です。



 保険が使える白い前歯との違いは何ですか?
保険が適用される前歯は、金属の上にプラスティックを貼り付けたものです。プラスティックは吸水性があるために、数年で変色することが多い素材です。また、光を透過させないので、天然の歯と同じような色調を再現することが出来ません。セラミックは、吸水性がないので、変色することはありません。また、天然の歯と同様に光を透過させるので、自分の歯と同じような色調を再現できます。










ホーム診療方針歯科医紹介医院紹介アクセス・診療時間
大阪府東大阪市近江堂2-10-49
岩見歯科クリニック