セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせた素材を使用する治療法です。


オールセラミックスと比較すると、少し軟らかいために、かみ合う歯や周囲の歯を痛めにくいという特長があります。


しかし、時間の経過とともに変色していく、磨耗していくという欠点もあります。



 ハイブリッドセラミックスの特徴
ハイブリッドセラミックとは、セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせた素材です。金属ではないため、金属アレルギーの心配がありません。


保険適用のレジンよりも変色しにくい素材で、色の種類も豊富に用意されているので、隣の歯と類似した色調を表現できます。


プラスチックが混じるので、セラミックに較べると、透明感が劣ります。また、長期期間経過すると、歯が黄色く変色することがあります。



 ハイブリッドセラミックスの種類
ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウンは、虫歯を取り除いた後などに、歯の形に作ったハイブリッドセラミックを被せる方法のことです。金属の被せ物や変色した被せ物を白くしたい場合や、古い差し歯を取替える場合などに、使用されます。


ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレーとは、虫歯を削りとった後に、ハイブリッドセラミックを詰める方法のことです。奥歯の詰め物には金属をよく使用しますが、口を大きく開けた場合などに気になることがあります。そこで、この詰め物を歯と同じ色に合わせて、目立たないようにするのがハイブリッドセラミックインレーです。



 ハイブリッドセラミックスの費用
ハイブリッドセラミッククラウン・・・\63.000(税込)
ハイブリッドセラミックインレー・・・\31.500(税込)










ホーム診療方針歯科医紹介医院紹介アクセス・診療時間
大阪府東大阪市近江堂2-10-49
岩見歯科クリニック