審美歯科治療とは、虫歯や歯周病などの疾病を治すだけでなく、健康的で美しい歯や歯肉をつくりだす治療です。もちろん、単に口元を美しくするだけではなく、それがきちんと機能し長期間維持されることが必要です。


近頃は、審美歯科という言葉が定着し、一般の方にも認知されるようになってきました。しかし、時折、街で見かける人の口元に違和感を覚える時があります。


歯が真っ白で浮きだったり、ピアノの鍵盤のように歯が理路整然と不自然に並んでいたり。つまり、その人なりの調和された美しさでないのです。


この原因は、歯科治療を科学性と芸術性の点から捉えていないからではないでしょうか。歯科治療は医療である以上、科学性がなくてはなりません。診断や実際の診療にあたっては細部にまでエビデンス(科学的根拠)が求められます。


しかし、それと並行して芸術性についても常に考えなければならないのです。そして、美しいものには基準があります。岩見歯科クリニックでは、スマイルライン、エステティックライン、ガムラインを考慮した上で、患者様にとって一番相応しい口元をプロデュースします。



 スマイルライン
笑顔になったときの上顎前歯の先端のライン。このラインが下唇内側ラインに沿っていると笑顔が美しく見えるといわれています。



 エステティックライン
顔を真横から見て、鼻とあごの先端を結んだ線がエステティックラインです。日本人の場合、上下の唇がこのEライン線上か、やや内側に位置するのがベスト。



 ガムライン
歯ぐきと歯の境目のライン。このラインが左右対称の曲線だと、その歯は、バランスを持っているといわれています。










ホーム診療方針歯科医紹介医院紹介アクセス・診療時間
大阪府東大阪市近江堂2-10-49
岩見歯科クリニック