近年、歯科治療の選択肢の中にジルコニアという新素材が加わりました。ジルコニアは人工ダイヤモンドにも使用されるセラミック素材で、従来のセラミックの強度よりはるかに硬く、強靭で科学的に安定した物性を持っています。


しかし、あまりにも硬すぎるため加工が難しく、今まで歯科治療に使うことが困難でありました。工業界では一般的になってきたCAD/CAMという技術を駆使し、ジルコニアの塊(インゴッド)をコンピューターで切削をして製作します。


今までは工作精度に問題があり、治療に使えるレベルではありませんでした。しかし、現在ではCAD/CAMの技術が進化し、30ミクロン以下の適合も可能となり、熟練の歯科技工士が製作する金属クラウンと遜色のないレベルまで到達しました。


ジルコニアは現在の主流である金属に取って代わる可能性が高い材料です。歯科におけるジルコニアの応用がこれからの歯科治療を大きく変えていくでしょう。



 ジルコニアセラミックスの特徴
1.身体に優しい

ジルコニアは審美的な白色を有しているだけでなく、生体親和性においても優れ、医科分野で人工股関節の球状骨頭部などに既に20年近く用いられています。安全性が高いことから歯科材料として理想的な材料であるジルコニアは、「口の中に、金属を入れたくない」というニーズにもマッチした、金属に代わる材料として脚光を浴びています。


2.丈夫という安心

従来のセラミックの硬さが60〜80MPとするとジルコニアはその10倍以上の強度があります。ジルコニアもセラミックも時間の経過とともに強度は下降し約10年で半減します。しかし、ジルコニアはいくら半減しても製作直後の従来のセラミック(アルミナポーセレン)よりも5倍以上の強度を保ちます。ブリッジ(連結歯)は、従来のオールセラミックでは咬合圧に弱く問題がありましたが、ジルコニアの登場により、強度的に強いブリッジの製作が可能となりました。


3.自然な噛み心地

ジルコニアは歯科治療で一般的に使用される「金」の含有量が多い金属(プレシャスメタル)に比べ、重量が約3分の1と軽量です。ブリッジ(連結歯)をお口の中に入れたとしても違和感がなく、自然な噛む力を回復してくれます。そのうえ強度も備わっています。



 ジルコニアセラミッククラウン
ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアの上にセラミックを焼き付けたクラウンです。オールセラミックでは、連結したブリッジなど強度の点で不安があります。そういった場合に、ジルコニアセラミックを選択すれば、強度を上げると同時に、天然歯と同等の透明感を出すことが可能です。



 ジルコニアセラミッククラウンの利点と欠点
・自分の歯の色に左右されないマスキング効果があるため、オールセラミックよりも美しく仕上げることができます。


・連結した被せ物であるブリッジを口の中にいれても、重量感を感じることなく快適です。


・ジルコニア自体が天然の歯に近い色調をしており、光を透過させるので、自然な色合いを再現できます。


・オールセラミックよりも高額である。



 ジルコニアセラミッククラウンの費用
ジルコニアセラミッククラウン・・・\115.500(税込)










ホーム診療方針歯科医紹介医院紹介アクセス・診療時間
大阪府東大阪市近江堂2-10-49
岩見歯科クリニック